西安旅行·シルクロード旅行·西安観光·西安観光案内
西安旅行·シルクロード旅行·西安観光
西安観光案内  西安観光
大バーゲンセール実施中13909188587 24時間日本語可
シルクロードについて ~シルクロード旅行なら、お任せください~
   
 

シルクロード(Silk Road)は、 中国 と 地中海 世界の間の歴史的な交易路を指す呼称である。絹の道とも呼ばれる。現在の 日本 でこの言葉が使われるときは、特に ローマ帝国 と 秦 漢 帝国、あるいは 大唐帝国 の時代の東西交易が念頭に置かれることが多いが、広くは 近代 ( 大航海時代 )以前の ユーラシア 世界の全域にわたって行われた国際交易を指し、南北の交易路や海上の交易路をも含める。

用語の歴史
シルクロードという語は、 19世紀 に ドイツ の 地理学者 リ ヒトホーフェ ン が、その著書『シナ China 』(1巻、 1877年 )においてザイデンシュトラーセンSeidenstrassen ( ドイツ語 で「 絹 の道」の意)として使用したのが最初で、彼の弟子 ヘディン がその 中央アジア旅行記 の一つの書名にこの言葉を使用し、さらにその本が 1938年 に『ザ?シルクロード』という題名で英訳されたことにより有名になった。

リヒトホーフェンやヘディンらこの語の元来の使用者は、 東トルキスタン (現在の中国 新疆ウイグル自治区 )を東西に横断する交通路を意図していたが、のちには中国を起点?終着点とする国際交易路を広く指しても使われるようになった。

現在の日本ではときには、シルクロードの通過する地域である 中央アジア を地域的に指す言葉としても使われることがあり、日本ではシルクロードの通る地域は、中国で伝統的に言った「 西域 」(さいいき)という言葉とともに広く知れ渡っている。

一般に対するシルクロードの語の用法とは別に、日本の歴史学界では「シルクロード」の概念を巡っての論争があった。すなわち、日本では戦前に中国史研究の延長として始まった中央アジア研究は、 漢文 を 史料 として用いることから必然的に、 仏教 伝来史、東西交渉史、中国西域経営史などのかたちを取り、シルクロード研究の重要性を強調してきた。それに対し、戦後になって成長してきた当時の新進中央アジア研究者たち( 間野英二 ら)は、彼ら自身が研究に用いてきた 史料 である、中央アジア住民の書いた テュルク語 、 ペルシア語 などの 歴史書 や 文学 作品の叙述に立脚し、旧来の研究の中央アジアを貿易中継点に過ぎないかのごとく見る視点を批判したのである。

「シルクロード」概念の批判者によれば、現地の人々が残した記録には中国や東西交易についての話題はほとんど触れられておらず、したがって中央アジアの内側からの世界観では「シルクロード」に類する概念は存在せず、現地人には中央アジアを貫く東西交通路の存在はほとんど意識されていなかった、という。むしろ彼らの社会生活の中で重視されていたのは、南の オアシス都市 の定住民と北の草原の 遊牧民 の間で繰り広げられる南北の関係であり、正しい中央アジアの歴史理解のためにはシルクロード史観を脱して現地住民による記録を中心に据えた研究を行わなければならないことを批判者たちは訴えた。こうした視点のもとに、批判者たちは「シルクロード」という用語の学術的な使用にも否定的である。

一方、中央アジア研究者の中にも、現地の住民によって書かれた史料であれば日常的な活動である交易に関する記録があるとは限らない( 護雅夫 )、といったシルクロード史観批判論に対する批判も生じた。また、実際に イスラム化 以前の 古代ウイグル語 などの文書の中には交易に関する記述がふんだんに含まれており、イスラム化後に書かれたペルシア語やテュルク語の史料だけを見てシルクロードを否定するのは無理( 森安孝夫 )という反論もある。しかし、こうした反論を行う研究者においても、シルクロードが中国とヨーロッパとを繋ぐ単なる東西交易の通過路であったとする見解は取られず、東西関係だけでなく南北関係も含めた中央アジアの交易路としてシルクロードを理解すべきであると考えられている。

この論争は結局、結論が出ないまま終息していくが、論争の影響もあってか最近は日本の歴史学界では、一般に 膾炙 (かいしゃ)したような東西の通過路的なシルクロードのイメージに対しては否定的な見解も根強い。現在では「シルクロード」という言葉を「括弧(かっこ)付き」で用いる研究者も少なくない。

シルクロードの起点と終点

シルクロードを中国と ローマ との間の主要貿易路とするならば、その中国側起点は 洛陽 ( 河南省 洛 陽 市 )。 長安 ( 陝西省 西 安 市 )という説も有力ではあったが、 2007年 4月に中国政府は洛陽であると認定)であり、その欧州側起点は シリア の アンティオキア と定義できる。この名称をリヒトホーフェンとヘディンが使用した意味で理解すれば、この 隊商路 の主要な路線は次の3本になる。

敦煌 (とんこう)から アルトゥン山脈 に沿い、 ホータン 、 ヤルカンド など タクラマカン砂漠 南辺の オアシス を通過して パミール高原 に達する南方の交通路 (西域南道)。これが最も古い。砂漠の南を通ることから漠南路とも呼び習わす。
敦煌から トゥルファン を経て ウルムチ に達し、 イリ川 流域にいたるもの。この北方のシルクロードはおそらく紀元後数年に開かれた。 天山山脈 の北麓を進むことから天山北路とも呼び習わす。
敦煌から 楼蘭 (ろうらん)を経て コルラ に達する中央路は北方路よりも古く、南方路と同じ頃の 紀元前2世紀 にさかのぼり、最も重要な隊商路として 4世紀 前半まで使用されていた。天山南路あるいは漠北路ともいう。
広義のシルクロード、すなわち 西トルキスタン (旧? ソ連 領中央アジアの一地域)以西の東西隊商路は多数の路線に分岐していた。

海のシルクロード
シルクロードという語は中国と関わる貿易路の代名詞のようにもなっており、中国の南から海に乗り出し、 東南アジア 、 インド洋 を経て インド 、 アラビア半島 に至る海路のことを「海のシルクロード」と呼ぶこともある。

すでに プトレマイオス朝 の時代から エジプト は 紅海 の港からインドと通商を行っており、エジプトを征服した古代ローマはこの貿易路も継承して、南インドにアメリカドゥなどいくつかの商業拠点を築き、絹を求めて中国にまで達したことは中国史書にも記載されている。古代には マラッカ海峡 はあまり使われず、 マレー半島 の クラ地峡 を横断するルートが多かった。このルートで セイロン (獅子国)やインド、ペルシアの商人も中国に赴いたのである。陸のシルクロードは諸国の戦争でしばしば中断を余儀なくされたのに対し、海のシルクロードを遮るものはなかった。

7世紀 以降はペルシアの交通路を継承したイスラム商人( アラブ人 、 ペルシア人 等の 西アジア 出身の イスラム教徒 商人)が絹を求めて大挙中国を訪れ、 広州 などに居留地を築く。中国のイスラム教徒居留地は 黄巣の乱 によって大打撃を受け、一時後退したが、 宋 代になると再び中国各地に進出し、 元 代まで続いた。 明 は海禁政策を取り、 朝貢貿易 しか認めず、 16世紀 には 喜望峰 経由で ポルトガル が進出したため、イスラム商人の交易ルートは衰えた。

シルクロードと日本
日本では、奈良の 正倉院 に残る数多くの中国製やペルシア製の宝物、 天平時代 に 遣唐使 に随行して ペルシア人 が日本に来朝したことに関する記録などがある。当時の日本は唐代の東西交通路に連なっていたと認識されており、 摂津国 の 住吉津 (現在の 大阪市 住 吉 区 )は「シルクロードの日本の玄関」、 飛鳥京 や 平城京 は「シルクロードの東の終着点」と呼ぶことがある。

日本では学校教育でシルクロードを取り上げてはいたが、 中華人民共和国 との文化交流が進む過程で NHK が 1980年 に放映した『 NHK特集 シルクロード-絲綢之路- 』によって一躍シルクロードの名は有名になった。日本ではシルクロードという語は独特のエキゾチシズムと結びついており、西安や新疆、 ウズベキスタン 、イラン、 トルコ などへの 海外旅行 情報やツアーの広告には必ずと言っていいほど「シルクロード」という言葉が記されている。特に 中央アジア (敦煌? サマルカンド )といえばシルクロード、という連想は非常に強い。

なお、日本国内においても、 幕末 から 明治 にかけて、日本の主要な輸出品であった絹を 横浜港 に運ぶ交易路が存在し、その集積地があった 八王子 から横浜にかけての道が「絹の道」や「シルクロード」と呼ばれることもある。

 
 
 
 
「中国観光ニュース」、「旅行感想文/旅行記/体験記」、「お気に入り観光写真」など中国現地観光情報を載せたい方々、中国個人旅行関連事情を入手したい方々に、ご活用いただけます。
多彩西安旅行掲示板へ>>
·陝西省案内
·西安概況
·西安観光地案内
·西安観光地図
·西安の名物料理
·西安の名物お土産
·シルクロードについて 
  オプショナルツアー
  敦煌現地発オプショナルツアー
  洛陽現地発オプショナルツアー
  ウルムチトルファン現地ツアー
  成都現地発オプショナルツアー
 
西安ツアー 九寨溝ツアー 敦煌ツアー 洛陽ツアー 新疆ツアー 大同ツアー 黄山ツアー 上海ツアーのことなら、お任せください。
西安旅行·シルクロード旅行·西安観光·西安観光案内

E-MAIL:tasaixa888@yahoo.co.jp
住所:中国・陝西省・西安市長安南路89号西安中信ビル6階
主催国際旅行社:西安海外旅遊有限責任公司(皖ICP备09006203号)
電話:0086-29-85264299 担当:王(おう)勇 携帯139-0918-8587
多彩西安&感動シルクロード 西安旅行 敦煌旅行 洛陽旅行 九寨溝旅行